<空想科学祭2009>レビュー/感想掲示板



[181] 「イシスの記憶 3」葛城 炯 Name:空想科学祭2009 Date:2009/09/23(水) 10:29 [ 返信 ]
【題名】イシスの記憶 3
【あらすじ】宇宙移民船カルネアデスを統括するイシスは護衛艦アルテミスを統括するルナの質問に悲懐した。
【名前】葛城 炯
【URL】http://ncode.syosetu.com/n0536i/

※「イシスの記憶」「イシスの記憶 2〜5」は連作のため、投票アンケートは共同となっています。



[186] RE:「イシスの記憶 3」葛城 炯 Name:尚文産商堂 Date:2009/09/23(水) 17:47
徐々に移民先の惑星に近付いていくイシスたち。その間に語られる記憶の数々。全てがつながっていて、一つの作品に仕上げられているのは、考えるのも大変だと思います。記憶を語っていくということで、物語が進むというのも新鮮でした。

[328] 感想 Name:中瀬美嘉 Date:2009/10/15(木) 04:22
 イシスと彼女の悲しい出来事。彼女の選択はこのシリーズ一番の肝なのだろう。
 アンドロイド同志の会話だが、どこか人間くさい。これは彼女の影響と捉えるべきか発達したAIでは人間同様感情的な会話もこなすのか。
 短編の連作として投稿されたことを惜しく思う。一つの連載作品として出されていれば、もっと物語としての一体感が出たのではないか。区切ることも一つの方法ではあるが、このように前の話を読まなくては次に進めない短編連作であれば、いっそのこと連載作品として欲しかった。


[456] RE:「イシスの記憶 3」葛城 炯 Name:鳥野 新 Date:2009/10/24(土) 09:58
 アン・マキャフリーの歌う船シリーズを彷彿とさせる本格的なSFだと思うのですが、本当に読みやすい、一文、一文、アンドロイド達の表情が眼に浮かんでくるようです。まるで人間のような、でも人間ではない微妙なぎこちなさが表現されていて、でも読み進めていくうちに徐々に感化され人間臭くなっていくアンドロイドが無理なく描かれています。
 この作品の魅力はキャラや設定などももちろんですが、この文章にあるのではないかと痛感しました。


[509] RE:「イシスの記憶 3」葛城 炯 Name:右野前条 Date:2009/10/25(日) 16:40
「イシスの記憶2」でも書いたことだが。
全体を通しての雰囲気はまことに素晴らしいが、この作品単体では評価が難しい。
無論、最低限度の状況および人物の説明はあるものの、独立した短編として読むには不十分。
たとえ同一の作品世界に位置する作品群にせよ、
五作品に分割するならば、五つの完結した起承転結があって然るべきだろう。
それが出来ないのであれば、中長編での連載としたほうが無難であったと思う。


[647] RE:「イシスの記憶 3」葛城 炯 Name:葛城 炯 HOME Date:2009/11/28(土) 21:26
 皆様、感想ありがとうございます。

 「2」の続きとしてこの「3」を書くことに関してはかなり開き直って進めました。
 それでも悩んだのは『彼女』とイシスの最後の会話をこの3の中に入れるかどうかです。
 時間による永遠の別れであったのであれば、この3に入れるつもりでした。が、なんとなく、移民が済んだ星をイシスが見上げているよりは彼女と一緒に見ていた方が良いのではないかと思い、事故による仮死(?)状態へと変更しました。

 従って最後の会話は「5」に移動することとなりました。
 (この時は既に「4」は辿り着くまでの話にしようと……何となく決めてました)

 私にとってこの「3」は全体の流れを決めた道標のような作となりました。

 イシスとルナの会話で進めることとなりましたが、ルナよりもイシスのほうを機械っぽく書いたつもりでしたが書ききれてはいなかったようです。
 何度か書き直しましたが、腕がついていなかったようです。

 読んで頂きありがとうございました。


  


感想やレビューへの返信、11/1からはご自由にどうぞ。
皆様のレビューは、投票とともに各賞選考の対象とさせていただいております。
11/1以降のレビューは選考対象となりませんが、書き込み可能です。

無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace