<空想科学祭2009>レビュー/感想掲示板



[337] 「コンビニ・ろぼっと」レイ@名無し Name:空想科学祭2009 Date:2009/10/16(金) 00:01 [ 返信 ]
【題名】コンビニ・ろぼっと
【本文】20XX年、日本。ロボットが社会進出しはじめた時代の、ある夜。風邪気味の青年がコンビニに行った時の話。
【名前】レイ@名無し
【URL】http://ncode.syosetu.com/n3029i/



[363] 感想 Name:中瀬美嘉 Date:2009/10/18(日) 01:17
 短い作中で詰め込みすぎた部分とそうでない部分が押し合いへし合いしているように思えた。
 コンビニとロボという組み合わせ、その背景にある社会のうんたらかんたらもいいが、この文字数内で全て処理するのは難しい。いっそのこと細かい説明全部割愛してあとは想像してくだされの方がよほど親切ではないかと、これはあくまで私見である。
 コンビニに行けばロボットに会える時代が来るとしたらそれはそれで見てみたい気がする。どの程度技術が発達したらそうなるのか。ロボットに労働力を奪われたとしたら人間は一体何を。
 色々考えさせてくれる話ではあるが、やはり前半部の説明が惜しい。


[428] RE:「コンビニ・ろぼっと」レイ@名無し Name:尚文産商堂 Date:2009/10/22(木) 14:37
ロボットと人間。この二つの間には、何があるのでしょうか。寝るということでは、ロボットは必要ありません、だからこそ、人間に対して睡眠を促すという法案すら可決してしまうのでしょう。実際にある得る世界というのは、読んでいて楽しいと感じました。

[445] RE:「コンビニ・ろぼっと」レイ@名無し Name:招夏 Date:2009/10/23(金) 20:25
感想です

国単位でこのような状態になるのは色々難しい気がしますが、どこかの村とか街とか市とかの単位で、このようなシステムを組んだら遊びに行きたいかも……と思いました。そんで、頭痛とか腹痛とかをでっちあげて、夜中にコンビニに行きます。こんなユニークなロボットとなら、色々と話してみたい気がしますね〜。存在意義なさげなロボットが逆に魅力的に感じられました。

ありそうな、なさそうな、起こりそうな、起こらなさそうな、パラレルワールド感のあるお話で、面白かったです。


[508] RE:「コンビニ・ろぼっと」レイ@名無し Name:鳥野 新 Date:2009/10/25(日) 16:12
 あ〜、こんな未来すぐ先に来そう!コミカルな文章で違和感無く読めました。
 盛り上がりも取り立ててエピソードも無いのに、と〜っても楽しめました。
 いかにも近未来の夜中にありそうな会話と実直に客あしらいをするロボット君が良い味を出しています。勧めるのが葛根湯ってのもなんだか無難で笑えました。
 読み手の肩の力が抜けてほっとする読後感でした。
 


[553] RE:「コンビニ・ろぼっと」レイ@名無し Name:右野前条 Date:2009/10/28(水) 21:47
主人公と"ろぼっと"(敢えて仮名で書きたい)の会話が、実に魅力的だ。
読んでいて、脳裏にごく自然に映像が浮かんでくる(押井守のようなタッチだった)

ただ、残念な点が二つあった。
一つは、地の文に用いられている、"ぁゃしぃ" "(わらい)"といった、ネット文化的な表現。
通じない人にとっては何のことやら判らないし、通じる相手であっても、小説(携帯小説や壊れ系の作品はどうだか知らないが)という媒体に用いるべきではないと考えるのが大半だろうと思う。
本作の場合、このような表現を敢えて用いる必要性も見当たらないため、勿体ないと感じてしまった。

そして、もう一つは構成に関する部分となる。
この長さの作品にしては、背景解説に文字数を割き過ぎであるように思える。
全体のおおよそ四割ほどが、舞台となるコンビニに到達する以前に消費されている。
作品に込められた風刺的な部分を伝えるために必要であったのだとは思うが、やや、バランスが悪い感がある。
まあ、これについては、私が、後半の"ろぼっと"との会話シーンを主として捉えているゆえなのかもしれないが。


[581] 未来予想図(レトロ) Name:栖坂月 Date:2009/10/30(金) 10:51
楽しませていただきました。ある程度なるほどと思える設定と、今でも身近なコンビニという題材を引っ掛けて、そこにややレトロ風味のコメディ的な味付けを施したような印象でした。確かに盛り上がりや起伏に欠ける物語ではありますが、こういう味もSFっぽいのではなかろうかと、逆に思ってしまう自分がいます。
それと途中でたくさんの括弧が出てきますが、これは本来ルビにしたかったのかなーと、そんな風に思いながら独特な文章を堪能させていただきました。もしそれらがルビになっていたとしたら、少し全体の雰囲気が違っていたかもしれないですね。軽くも複雑な言葉遊びを楽しむ方なのだろうと、この辺りは想像で補完させていただきました。漢字でのルビとか、システム的な問題ですからね。さすがにこればかりは文章技術でどうにかなるものでもありません。もしかしたら読者と作者様の見えている文章はかなり違っているのではないかなーと、そんな風にも思いましたよ。
中身はまぁ、軽妙なやり取りに終始する作品ですので、この雰囲気をいかに楽しめるかによるのでしょうが、最初のクシャミから私としては好みの作風でして、個人的には大変楽しませてもらったというのが本音です。特に一つ、これはネタだったのかどうか微妙な気がするので気が引けるのですが、私が一番笑ってしまったのはコンビニのドアが引き戸だったことなんですよね。ロボットがいるのにガラガラと入るコンビニってどんなだよと、盛大に笑ってしまいました。
もし意図してなかったらすいません。コンビニでのバイト歴がある人間なモノで、ちょっと気になったんですよ(笑)


[627] ◆ 感想返礼 ◆ Name:レイ@名無し Date:2009/11/07(土) 01:54
選外並みに埋もれていようと思っていた挙句、
投票タグを終わるまで張るのを忘れていたらレビューを頂いておりました。
興奮が嬉しさを凌駕してる状態であります。

褒めるも突っ込むも、数々のご指摘をありがたく頂戴いたします。
細かい言い訳はメンドクサイので省きまして、色々と反則ワザをブチ込んでみたのですが、やはり反則ワザでした。
なるべく考えなくても読めるよう背景強化と多少熱い思いを込めたせいか、変な部分に力が入りすぎたようです。

個人的には、もっとつまらなくてグダグダした下らない話が書きたかったけれども、
砕け損なった感が残ったのが悔しい、と言っている時点で既に評価に値しない気が。



頂いた感想について

 >ロボットに労働力を奪われたとしたら人間は一体何を。
日本ではアトムと言うお友達が出来たと言うのに、
ヨーロッパで工業用ロボットの導入に反対するデモが起きた事を思い出したのですが、
「奪われる」と考えてしまうのは、そういう可能性を考えねばならないのか
なぜそういう心理構造なのか、ロボットについて語るときそうして二元的に考えたら面白そうです。

 >人間に対して睡眠を促すという法案
こんな時代でも人間の体が実に不便(アナログ)だと言うことですね。

 >頭痛とか腹痛とかをでっちあげて、夜中にコンビニに行きます
いや、寝てください。お肌の為に。

 >盛り上がりも取り立ててエピソードも無いのに
執筆テンションが上がりそこなったんですが、そういう手もあったんですね。

 >押井守
この方に関しましては……某原作派としましては……(以下略

>カラカラ扉
入り口に風防室付いてるコンビニと言うのがやたらとアタマにあってですね……
それがカラカラと開くんです……
あとで家の目の前にあるコンビニ見に行ったら無かったのです(確認済



それでは、皆さまの読解力とエネルギーに敬意を表しまして、
御礼に代えさせていただきたいと思います。
ありがとうございました。


  


感想やレビューへの返信、11/1からはご自由にどうぞ。
皆様のレビューは、投票とともに各賞選考の対象とさせていただいております。
11/1以降のレビューは選考対象となりませんが、書き込み可能です。

無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace